GPファイナルSP 男子織田が首位 女子村上が3位 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは第2日の12月10日、首都体育館でシニアのショートプログラム(SP)を行い、男子は織田信成選手が4回転-3回転の連続ジャンプを決めるなどミスのない演技で86.59点をマークし、首位に立ちました。

高橋大輔選手は82.57点で3位、小塚崇彦選手は77.90点で4位でした。

日本男子、がんばっていますね。私は特に再起した織田選手を応援しています。

女子は日本勢では、16歳の村上佳菜子選手が61.47点で3位、鈴木明子選手が58.26点の4位となり、安藤美姫選手は50.45点の5位と出遅れましたね。

女子は、新人の台頭が著しいです。層が厚いので、これからが楽しみです。

Sponsored Link
あの腰痛解消法で有名な、エゴズキューの顎関節症解消法歯科医師も推薦あごの激痛 アゴのガリガリマウスピースや痛み止め注射、医者もさじを投げた重度の顎関節症が1ヶ月で解消全米で40年の歴史10万人以上が支持

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>